種別 国内論文 No. 63 年度 2013
論文名 水質浄化でのTiO2の光誘起された超親水性反応によるヒドロキシアパタイト被膜アナターゼの調整
Preparation of Hydroxyapatite-coated Anatase by Photoinduced Superhydrophilic Reaction of TiO2 for Water Purification
著者名 Tsuyoshi Sugita, Masanobu Mori, Hisashi Nakane, Akinori Mase, Hideyuki Itabashi
掲載誌名 The Chemical Society of Japan Chemistry Letters
水質浄化のための光触媒として使用されているTiO2でヒドロキシアパタイト被膜は超親水性を用いるために合成された。
TiO2のヒドロキシアパタイトは、1時間の紫外線照射で高い結晶性となって形成した。
ヒドロキシアパタイト被膜したTiO2の等電点は酸性pHに移動し、pH7で水溶液を生じた凝集体はアナターゼTiO2よりも小さかった。
水質浄化試験では、光触媒によってジメチルスルホキシドとメチレンブルーに効果的に分解した。
Hydroxyapatite coated on TiO2 for use as a photocatalyst for water purification was synthesized by using the superhydrophilicity of TiO2. The hydroxyapatite formed on TiO2 under UV irradiation with high crystallization in 1 h. The isoelectric point of the hydroxyapatite-coated TiO2 was shifted to acidic pH, and the aggregates formed in aqueous solution at pH 7 were smaller than those of anatase TiO2. Consequently, in water purification tests, the proposed photocatalyst effectively decomposed dimethyl sulfoxide and Methylene Blue in water.