種別 国内論文 No. 45 年度 2010
論文名 循環式USB−亜硝酸型硝化プロセスによる含窒素高濃度有機性排水の処理
Organic and nitrogen in an upflow sludge blanket(USB) combined with an nitritation reactor for an high-strength organic wastewater containing ammonium
著者名 渡邉智秀
掲載誌名 環境工学研究論文集
 USB槽と多孔性担体を投入した亜硝酸型硝化槽を組み合わせた処理プロセスの含窒素高濃度有機性排水処理特性の検討を行った。

 95%以上の溶解性COD除去率と硝化液循環比に対応したTN除去が達成可能であった。

 また、COD除去はUSB槽で進行した。

 USB槽に流入するNO2−-N/COD比が増大するにつれて、脱窒に伴うCOD除去の割合が増大し、メタン発酵による除去の割合は低下した。

 この両過程により、高COD除去率に維持された。流入N/COD比が0.42を超えると低負荷条件であっても亜硝酸性窒素が残留してCOD除去率が低下することがあり、メタン生成が阻害されている可能性が示唆された。
Effect of operational conditions on organic and nitrogen removal in an upflow sludge blanket (USB) combined by an nitritation reactor with porus supporting media for an high-strength organic wastewater was investigated experimentally. Soluble COD removal efficiency was attained to be over 95% and the TN removal occurred effectively depending on the recycle ratio of nitrified liquor to influent wastewater under the experimental conditions within less than The organic removal occurred exclusively in the USB reactor. Both methanogenisis and denitrification effectively consumed organic matter in the USB rector. The contribution of methanogenisis for the organic removal decreased with an increase in the influent nitrite / COD ratio to the reactor.