種別 国内論文 No. 42 年度 2010
論文名 光触媒環境材料の水質浄化性能試験におけるイオン排除型イオンクロマトグラフィーの利用
Utilization of Ion-Exclusion Chromatography for the Quality Test of Water Purifications of Photocatalytic Environmental Materials
著者名 森 勝伸 板橋英之
掲載誌名 分析化学
 光触媒環境材料の水質浄化性能試験における測定方法として、指標物質の光触媒酸化及び中間体の生成過程を同時に定量できるイオン排除型イオンクロマトグラフィーを用いた。

 カルボン酸類の酸化及び中間体(ギ酸、酢酸等)の生成過程、アミン類の酸化及び中間体(アンモニウムイオン、硝酸イオン等)の生成過程を同時にモニタリングすることが可能であった。

 また、ジメチルスルホキシドの酸化及び硫黄化合物(メタルスルホン酸、硫酸イオン等)の生成過程をモニタリングルする技術から、硫黄の物質収支を算出した。

 これらの技術は、光触媒材料の水質浄化性能評価試験法の標準化に向けた基礎資料となった。
A quality test for water purification of TiO2-photocatalyst coated materials (photocatalytic materials) has been observed using ion-exclusion chromatographic methods. Ion-exclusion / cation-exchange chromatography has been used to determine relationships between the decrease of an aliphatic amine and the formation of ammonium and nitrate ions. A fundamental study on the photodegradation of dimethylsulfoxide DMSO was provided by ion-exclusion / adsorption chromatography. Also, in this paper, ion-exclusion chromatographic methods with post-column reactions are described for the detections of aliphatic carboxylate, carbonate, phosphate, and silicate ions in quality tests for photocatalytic materials.