種別 国内論文 No. 41 年度 2010
論文名 柞蚕繭を用いた高性能繭炭活性炭の調製
Preparation of High performance Activated Carbon from Tussah Silk Cocoon
著者名 小島 昭  上石洋一
掲載誌名 材料の科学と工学
 繊維中に空隙を有する野蚕繭の一種である柞蚕繭を用い、それを炭化・賦活することで、高性能な活性炭が調整できるか否かを検討した。

 柞蚕繭を、窒素中400℃で熱処理して繭炭とした後、炭酸カリウムの飽和溶液に含浸後、800℃に加熱して賦活処理を行い、活性炭とした。

 得られた活性炭のヨウ素吸着量は1980mg/g、比表面積は2870m2/gであった。
Several kinds of activated carbon having large specific surface area ware prepared using tussah silkworm cocoon. Tussah silkworm cocoon was heat-treated at 400℃ in nitrogen. Carbonized cocoon was immersed in an aqueous solution of potassium carbonate, and then treated at 800℃ for activation. The adsorption amount of iodine of the resultant activated carbon was 1980 mg/g. The specific surface area of the activated cocoon was 2870u/g.