種別 国内論文 No. 39 年度 2010
論文名 各種繭を用いた高性能活性炭の調製:繭を用いた高性能活性炭の調整に関する基礎的研究 第5報
Preparation of High Performance Activated Carbon from Various Kinds of Cocoon
著者名 小島 昭 上石洋一
掲載誌名 日本シルク学会誌
 本研究では、より比表面積の高い活性炭を得るため、4種類の繭を原料に活性炭を調整することを目的とした。

 使用した繭は、群馬県蚕業試験場から提供された「ぐんま黄金」、「新青白」、「二」および「200」の4種類である。

 400℃で熱処理した各繭炭は、炭酸カリウム飽和溶液を賦活剤として800℃に加熱して活性炭を得た。

 ぐんま黄金と新青白の場合は、2600m2/gと高い比表面積を示したが、他の繭は2000m2/g程度であった。

 この結果から、繭は種類に係わらず、比表面積が2000〜2500m2/g程度の高性能活性炭を容易に調整できることがわかった。
Activated carbon was prepared by using four kinds of cocoons. The activated carbon was obtained by heating these carbonized cocoons at 800℃ for 1h. After the activating treatment, the specific surface areas of these cocoon were 2000-2600 u/g, and efficient activated carbon was obtained. Of the four kinds of cocoons, the specific surface areas of Gunmakogane and Shinseihaku were found to be higher. The kind of cocoon did not affect the carbonization, and it was easy to produce efficient activated carbon with a specific surface areas of 2000-2500 u/g or more.