種別 国内論文 No. 38 年度 2009
論文名 無酸素条件下のメタン発酵グラニュール充填槽における有機物除去・脱窒特性
Integrated removal of organic matter and nitrate in an anoxic upflow sludge reactor
著者名 渡邉智秀 伊藤司
掲載誌名 環境工学研究論文集
 メタン発酵グラニュール充填槽に硝酸性窒素が供給された際のメタン生成と脱窒特性に対し、操作条件が反応槽の処理性能やグラニュールの活性に及ぼす影響を実験的に検討した。

 その結果、流入N/CODが0.2以下かつ流入負荷が20kg-COD/(m3-d)以下の範囲において、有機物除去と脱窒がそれぞれ除去率90%以上で安定的に達成できた。

 有機物除去は脱窒に伴う有機物酸化とメタン生成の両方が寄与しており、その程度は流入N/COD条件に依存した。

 反応槽への流入硝酸性窒素負荷が増大するとグラニュールの脱窒活性は高くなる一方でメタン生成活性は低下した。

 また、メタン発酵グラニュールには脱窒細菌が潜在し、外部から反応槽へ脱窒汚泥を植種しなくても短期間で脱窒能を発現させることが可能であった。
Effect of operational conditions on the organic matter and nitrate removal rates in an anoxic upflow granular bed reactor and the methanogenic and denitrifying activities of the granular sludge were investigated experimentally. The COD and denitrification efficiencies were attained to be over 90%, when the influent loading rate was less than 20kg-COD / (m3・d) and the influent nitrate nitrogen / COD ratio by mass was less than 0.2. The methanogenic gtranular sludge could readily adapt to an oxic condition and obtain the denitrification activity without the external inoculation of denitrifying sludge to the reactor.