種別 国内論文 No. 36 年度 2009
論文名 畜産現場向け脱臭装置の開発
Deodoration system for stockbreeding
著者名 山田正幸、三枝孝裕
掲載誌名 におい・かおり環境学会誌
 畜産臭気対策のため、脱臭装置の高性能、低コスト、簡便さを備えることを目的として、新たな微生物脱臭技術の開発に取り組んだ。

 アンモニアの水溶解性の高さから、水中アンモニアの除去能が重要であると考え、様々な微生物担体のアンモニウム酸化能を調査した。

 この結果、無機質系の軽石が最も能力が高かった。

 また、密閉型発酵装置からの臭気対策には粒径の小さな軽石、開放型発酵装置からの臭気対策には粒径の大きな軽石を使うことが効率的であるとわかった。

 従来のロックウェール法と比較すると、開発した脱臭装置は長期運転、軽石使用によるコストの低減、実証実験での十分な脱臭能を示し、脱臭装置として普及の段階に達したと考えている。
In order to deodorize the livestock smell, two types of high performance and low cost deodorizer for controlling livestock manure field and farm. Low cost, easy maintenance, response to former’s requirement and bio-treatment deodorizer by using local resource was developed in Gunma prefecture. And then, the deodorizer for fermentation field was reached to be spreading stage. The price of pumise stone as filler material for the deodorizer is about one tenth of the rock-wool and pumise stone shows long time using. It is able to treat 400g/m2・day ammonic nitrogen with pumise stone.