種別 国内論文 No. 32 年度 2009
論文名 加水分解コンニャクグルコマンナンのレオロジー特性
Rheological Property of Hydrolyzed Konjac Glucomannan
著者名 Machiko Takigami
掲載誌名 Transaction of the Materials Research Society of Japan
 コンニャクグルコマンナン(KM)は高分子量の水溶性グルコマンナンである。

 KM水溶液の粘度は極めて高い。KMは化学的加水分解で低分子量化される。

 加水分解KMの分子量は酸の濃度および加水分解時間の増加に伴い低下する。

 酸加水分解はKMの分子鎖の切断をランダムに引き起こすが、化学構造的には変化しない。

 KM水溶液の粘度は分子量の低下とともに低下する。

 分子量が32万以下のKMは準希薄溶液領域でニュートン流体となる。

 KM水溶液は2種類の 重なり合い臨界濃度C*とC**を示した。

 C*は分子鎖コイルの捲縮の始まりを現し、C**はコイルの捲縮が極小に達する極限濃度を現す。

 高分子量のKM分子鎖の重なり合いと絡まりは、低分子量のKMのそれらに比べ、より低い濃度で出現した。
Konjac glucomannan (KM) is a water soluble glucomannan with high molar mass. KM can be depolymerized by chemical hydrolysis. The molar mass of hydrolyzed KM decreased with increase of acid concentration and hydrolysis time. The acid hydrolysis led chain scission of KM, but introduced no significant new chemical groups into the structure. KM molecular chain was hydrolyzed randomly by acid hydrolysis. The viscosity of KM aqueous solution decreased with decreasing molar mass. KM solution changes to Newtonian fluid with decreasing molar mass at low concentration. KM with molar mass less than 320 kDa was Newtonian fluid in semi-dilute region. The overlapping and entanglement of KM chains with high molar mass occurred at low concentration as compared to those of KM with low molar mass.