種別 国内論文 No. 31 年度 2009
論文名 CMC-コンニャクグルコマンナン‐酸ゲルに及ぼすコンニャクグルコマンナン分子量の影響
Effect of KM Molar Mass on CMC-KM-Acid Gel
著者名 Machiko Takigami
掲載誌名 Transaction of the Materials Research Society of Japan
 カルボキシメチルセルロース(CMC)は酸と混練したときに、CMC中のカルボキシメチル基のナトリウムが水素と置き換わり、水素結合が形成されることによりゲルを形成する。

 CMCを他の物質と混ぜることにより、異なった性質をもつゲルを作ることができる。

 コンニャクグルコマンナン(KM)は分子量が高く、粘度の高い水溶性の高分子である。

 CMC-KM-酸ゲルの特性はKMの分子量に依存する。

 分子量の高いKMとCMCを混練すると、ゲルは不均一で、不透明になる。

 これは、CMCとKMの相溶性が良くないことを意味する。

 分子量の低いKMとCMCを混練すると、均一で透明なゲルになる。

 KMの分子量が30万以下のKMを用いると、このように相溶性の高いゲルを得ることができた。

 湿潤状態で測定した走査型電子顕微鏡写真からも、低分子量のKMを用いた場合に均一なゲルができることが確認された。

 相溶性の良し悪しはゲルの物性にも影響を与えた。
Carboxymethyl cellulose (CMC) forms a gel when mixed with acid as a result of replacement of sodium in carboxymethyl group with hydrogen bonds are formed among CMC molecules. CMC gel having new properties can be formed by mixing CMC with other materials. Previous study showed that CMC-KM-acid gel was stringer than CMC-acid gel, however, the strength dependent on the molar mass of KM. However, when KM with low molar mass was mixed with CMC and acid, the gel was uniform and transparent, showing good compatibility of CMC and KM. Molar mass of KM showing good compatibility was less than 300 kDa. Scanning electron micrographs taken under moist condition clearly showed uneven and even surface for gels made using high molar mass and low molar mass KM, respectively. The compatibility of CMC and KM affected the mechanical properties of the CMC-KM-acid gels.