種別 国内論文 No. 28 年度 2008
論文名 電解法による畜産排水からのリン酸塩の回収
Recovery of Phosphate from Livestock Wastewater by Electrolysis
著者名 田中恒夫
掲載誌名 水環境学会誌
 畜産排水の電解法によるリンの除去・回収の可能性について実験的に検討した。

 マグネシウム塩の添加が、電解によるリン除去に有効であることが分かった。

 通電電流(1A、3A、6A)変化によるリン酸イオン、アンモニウムイオン、マグネシウムイオン、カルシウムイオンの濃度変化を調べた。

 どの通電電流でもカルシウムイオン濃度が減少していることから、この原因としてハイドロキシアパタイト(Ca10(PO4)6(OH)2)の生成が影響していると考えられる。

 マグネシウムイオンを添加すると、アンモニウムイオンの減少量は増加した。

 マグネシウムイオンが高濃度で存在することにより、リン酸アンモニウムマグネシウムが生成されやすくなると考えられる。
An electrolytic crystallization process for recovering and removing phosphate from a high-strength wastewaters such as livestock and industrial wastewaters was developed. In the process, phosphate crystallizes with calcium, magnesium and ammonium on the cathode surface because of a rapid increase in cathodic pH by electrolysis. The crystalline substance formed on the cathode surface was considered to be simultaneously formed by electrolytic cell, magnesium phosphate could be simultaneously formed by the formation of the crystalline substance potassium was also included in the crystalline substance. The efficiency of the formation of the crystalline substance markedly depended on the kind of electrode, electrode material, electrode surface roughness and electrode arrangement.