種別 国内論文 No. 23 年度 2008
論文名 CMCゲルによる豚尿中のリン酸イオンの吸着
Absorption of Phosphate Ion in Swine Urine Using CMC Gel
著者名 Machiko Takigami
掲載誌名 Transactions of the Materials Research of Japan
 本研究は、カルボキシメチルセルロース(CMC)と塩化鉄(FeCl2,FeCl3) 、さらに、これに酸を添加してCMC-Feゲルを作製し、豚の尿中のリン酸イオンの吸収試験を行ったところ、次の結果を得た。

1)CMCと鉄塩 を混合するとゲルが生成する。FeCl3の場合は,直ちにゲルが生成するが、FeCl2の場合は直ちにはゲルは生成しない。

2)Fe(II)→Fe(III)の酸化は、溶液中では遅く、CMCを添加すると促進される。

3)ゲル生成速度は酸の添加により制御可能である。

4)CMC-Fe(II)吸収剤の方が、リン酸イオンの吸収除去にはより効果的である。

5)豚の尿中のリン酸イオンは、CMC-Feゲルにより効果的に吸収することができる。
To solve the problem, phosphate ion absorbent in swine urine was developed using carboxymethy cellulose (CMC) and iron compounds. Mixing CMC with iron salt aqueous solutions resulted in gels as known well. While the gel formation proceeded instantaneously when CMC and ferric salt [Fe(V)] aqueous solution were mixed, the gel was not formed immediately when ferrous salt [Fe(V)] aqueous solution was used. Oxidation of Fe(U) to Fe(V) occurs gradually in Fe(U) aqueous solution. The rate of gel formation could be controlled by addition of acid to CMC-Fe(U) mixture. The absorbent made of CMC and Fe(U) seemed to be more effective than made of CMC and Fe(V), in Fe content and phosphate ion removal. The values fulfill the regulation of effluent from the pigsty.