種別 国内論文 No. 22 年度 2008
論文名 CMC−コンニャクマンナンゲルの調製とその特性
Preparation and Characterization of CMC-Konjac Mannan Mixture Gel
著者名 Machiko Takigami, Natsuo Nakagawa
掲載誌名 Transactions of the Materials Research Society of Japan
 放射線分解したコンニャクマンナン(KM)の利用を考慮し、酸処理によって形成するカルボキシメチルセルロース(CMC)ゲルに柔らかさを付与するために放射線分解したKMを混合し、そのブレンドゲルの物性について評価した。

 γ線照射により低分子量化したKMをブレンドするとヤング率や破壊強度が高くなり、KMをブレンドして64時間0.5Mの塩酸で処理すると、CMC単独ゲルと比較して破壊強度が3倍大きくなることを見いだした。

 また、酸処理時間が16時間の時に最も破壊強度が高くなることがわかった。

 CMCゲルに柔らかさと高強度を付与することができた。

 ブレンドするKMの分子サイズが、CMC分子鎖との絡み合いと酸処理によるCMCゲルの凝集構造形成に関連していることがわかった。
Abstract
Carboxymethyl cellulose (CMC) forms a gel when mixed with acid as a result of replacement of sodium in carboxymethyl group with hydrogen; hydrogen bonds are formed among CMC molecules. CMC gel gets new property by mixing with konjac mannan(KM). The molar mass of KM is easily decreased by γ-irradiation. CMC-KM mixture gel was more elastic than CMC gel when high molar mass KM was mixed with CMC. When low molar mass KM was mixed with CMC, properties of CMC-KM mixture gel were similar with those of CMC gel. It was because KM molecules are entangled with CMC molecules when high molar mass KM was used.