種別 国内論文 No. 19 年度 2007
論文名 光遮断法を用いた気体燃料噴射弁の噴射率計測
Injection Rate Measurement of a Gaseous Fuel Injector Using a Beam Cut Method)
著者名 荒木幹也 志賀聖一
掲載誌名 日本機械学会論文集
 ニードル弁の変位を測定することで、気体燃料噴射器の噴射率を計測した。私達は、一次元管内流れを用いた気体燃料噴射率メーターを開発した。

 現在は、その噴射率メーターの測定精度を、ニードル弁変位から推定される噴射率の理論値と比較し、調査している。

 ニードル弁変位を、光学的手法を用いて計測した。

 小さな光遮断プレートを、気体燃料噴射器のニードル弁に取り付けた。

 光遮断プレートにレーザービームを当て、透過強度をフォトセンサーで測定した。

 その強度から、ニードル弁の変位を推定した。

 一次元、圧縮性、非粘性、断熱流れを仮定し、ニードル弁シート、噴射バッグ、噴射口を通して瞬間質量流量を推定した。

 推定された噴射率を、気体燃料噴射率メーターの数値と比較した結果、過渡期間でも相対的にほぼ一致した。

 このことから、噴射率メーターは、高い信頼性と正確性を持つことが示された。
Injection rate of a gaseous fuel injector was calculated by measuring the needle valve lift history. In our lab, a gaseous fuel injection rate meter using 1-dimensional pipe flow was developed. In the present study, the measurement accuracy of the injection rate meter was examined by comparing the theoretical injection rate estimated from the needle valve lift history. The needle valve lift was measured using an optical method. A laser beam passes though the beam cut plate, and the variation of the beam intensity was measured with a photo sensor. One-dimensional, compressible, inviscid, adiabatic flow was assumed, and the injection hole was estimated. The estimated injection rate was compared with that obtained with the gaseous fuel injection rate meter. It is shown that the injection rate meter has high reliability and accuracy.