種別 国内論文 No. 17 年度 2007
論文名 イオン排除/陽イオン交換型イオンクロマトグラフィ−による海水試料中の主要無機成分の同時分析
Simultaneous Analysis of Common Inorganic Specifics in Seawater Samples by Ion-Exclusion/Cation-Exchange Chromatography
著者名 森勝伸 板橋英之
掲載誌名 分析化学
 海水の主要無機成分の分離分析において、1本の陽イオン交換樹脂カラムと弱酸溶離液を用いて、試料水中の主要無機陰イオン(SO42-及びCl-)及び陽イオン(Na+,K+,Mg2+及びCa2+)を同時計測するイオン排除/陽イオン交換型イオンクロマトグラフィーの有用性について調べた。

 分離カラムに用いるイオン交換樹脂の担体の種類と交換容量の大きさを変化させ、陰イオンの分離能を改善して海水試料の分析に応用した。

 樹脂相への浸透作用の増大によるSO42-とCl-の分離能改善と同時に、有効な陽イオンのイオン交換分離が得られ、20分以内で海水試料中の主要無機成分の分離定量を行うことができた。
Ion-exclusion/cation-exchange chromatography(IEC/CEC), which consists of a cation-exchange resin column and a weak acidic eluent, was used for the simultaneous analysis of common inorganic species(SO42-, Cl-, Na+, K+, Mg2+ and Ca2+ ) in seawater. Therefore, the cation-exchange resin packed to the separation column was reconsidered in terms of the kind of carrier and the magnitude of the exchange-capacity. This could provide good resolutions of anions by an increase of penetration effect to the resin phase as well as those cations by the cation-exchange effect.