種別 国内論文 No. 16 年度 2007
論文名 鋳鉄スラグを基材とした発泡セラミックスによる水中アンモニア、リン酸及び酢酸の吸着性能の評価
Adsorption of cast-ion slag-based forming ceramics for ammonia, phosphorus and acetic acid in water
著者名 森勝伸 板橋英之
掲載誌名 工業用水
 鋳鉄スラグを基材とした発泡セラミックスに対する、水中のアンモニア、リン酸イオン及び酢酸の吸着性能を評価した。

 検討した環境材料は、鋳鉄スラグとカオリンを混合し、1050℃で1時間焼成した発泡セラミックス1、発泡セラミックス1に炭素被覆した発泡セラミクス2、酸化マグネシウム被覆した発泡セラミックス3の計3種類のセラミックス素材である。

 1mMのアンモニウムイオン、リン酸イオン及び酢酸イオンの各溶液を充填カラムに通液したとき、すべての発泡セラミックスは、アンモニウムイオンに対して高い吸着能を示した。

 特に、酸化マグネシウムを被覆した発泡セラミックス3は、0.01mMから2.0mMの濃度範囲においてアンモニウムイオンを効率的に吸着除去することが分かった。
This paper reports use of cast-iron slag-based formation ceramics on removal of ammonia, phosphate and acetic acid in water. The cast-iron slag-based forming ceramics(1) was obtained by mixing a cast-iron slag and kaolin in water, and burning it at 1,050℃. Quality-testes of three different types of the forming ceramics were performed by passing through sample waters to column packed with the ceramics. The forming ceramics strongly adsorbed ammonium ion, rather than phosphate ion and acetate ion. Especially, forming ceramics 3 could effectively adsorb ammonium ion in the range of 0.01 mM to 2.0 mM.