種別 国内論文 No. 10 年度 2007
論文名 瞬間シュリーレン法による非定常高速ガス噴流の発達特性に関する研究
A Study on the Development Characteristics of an Unsteady High-Speed Gaseous Jet with Instantaneous Schlieren Photographs
著者名 志賀聖一(Seiichi SIGA)
掲載誌名 日本機械学会論文集(B編)
 ポート噴出インジェクタおよび、直噴インジェクタを用い、大気雰囲気場、高圧力場に噴射したCNGおよびヘリウム噴流を瞬間シュリーレン法により可視化し、先端到達距離xおよび噴流角2θを 測定することで、非定常高速ガス噴流の発達特性を調べた。

 運動量理論により発達の予測が可能であるか、さらにディーゼル噴霧との発達特性の違いを検討した。

 運動量理論により到達距離を予測する際、噴射と雰囲気の圧力比、噴流角の時間変化、インジェクタの針弁開度を考慮することで、より正確な近似が可能であることが示された。

 ガス噴流の場合、噴射圧力が先端到達距離に影響を及ぼす領域がディーゼル噴霧とは異なることが示された。
The characteristics of the development process of an unsteady high-speed gaseous jet were investigated by means of an instantaneous schlieren method. ToThe jet penetration could be predicted by a modified momentum theory considering the jet configuration, the change in the jet angle and the transient characteristics of the injector value. The behavior of the jet development of these gases in the early stage of the injection differed from that of a diesel spray which is a two-phase jet. The jet penetration was not affected by the injection pressure.