種別 国内論文 No. 7 年度 2007
論文名 シリカ担持コバルト触媒を用いるフィッシャー・トロプシュ合成
Fischer-Tropsch synthesis over silica supports cobalt catalyst.
著者名 鈴木崇(Takashi SUZUKI)
掲載誌名 群馬県産業技術センター研究報告
 シリカ担持コバルト触媒に合成ガスを接触させ、フィッシャー・トロプシュ合成を行った。

 シリカ担持コバルト触媒にイットリウム酸化物を添加すると、フィッシャー・トロプシュ反応中のCO転化率は1.7倍に向上した。

 一酸化炭素の昇温脱離(TPD)を測定した結果、イットリウム酸化物を触媒に添加することにより、触媒表面での一酸化炭素吸着量が増加することが示唆され、活性向上効果の要因として、イットリウム酸化添加による活性点増加が考えられた。
Silica supported cobalt catalyst (Co/SiO2) was subjected to Fischer-Tropsch (FT) synthesis. When yttrium oxide (yttria) was doped to the Co/SiO2 catalyst, the activity for the FT synthesis was improved 1.7 fold as much as that in the case using Co/SiO2 catalyst. TPD of carbon monoxide on the yttria doped catalyst might implicate that the desorbed amount of carbon monoxide revealing a number of active site was increased significantly relative to the plain Co/SiO2 catalyst. Thus the improvement of catalyst activity for the FT synthesis was induced effectively by adding yttria to Co/SiO2 catalyst which would be caused by increasing a population of active sites.