種別 国内論文 No. 3 年度 2006
論文名 バイオマスエネルギーとライフサイクルアセスメント(LCA)
Biomass Energy and Life Cycle Assessment (LCA)
著者名 金子正夫
掲載誌名 太陽エネルギー(2006)
 持続可能エネルギー資源としてのバイオマスとそのLCA評価、およびバイオフォトケミカルセルによるバイオマスエネルギーの直接電力化について述べた。

 現状では紫外光照射だが、バイオマス系廃液などの分解浄化と同時電力化には有効で、疑似太陽光によるデータを取りつつある。
In this paper, biophotochemical cell (BPCC) will be introduced. Initial stage of the development of BPCC was examined by using of ammonia for a fuel. Under the ultraviolet irradiation condition of TiO2 dispersed in an aqueous solution of alkaline, ammonia was resolved to H2 and N2, in the same time electromotive was occurred. This technique will be applied for purification and obtained electric force from biomass waste water.