種別 国内論文 No. 1 年度 2006
論文名 畜産廃棄物からのエネルギー資源と光燃料電池
Livestock Wastes as Energy Resouces for Fuel and Photo-fuel Cells
著者名 星野幹雄
掲載誌名 太陽エネルギー(2006)
 畜産廃棄物を水処理した際に発生する窒素は、水質汚染の原因であり、また、固形分のたい肥化の際に発生するアンモニアは悪臭の原因となっている。

 本稿では畜産廃棄物からのアンモニアの分離、および、そのエネルギー源としての利用への道筋を明らかにした。

 畜産廃棄物処理中に発生するアンモニア除去は、その後の処理(例えばメタン発酵や好気曝気処理)を容易にし、悪臭や水質汚染を軽減する上で重要な技術と考えられる。

 したがって、この技術が普及することで、畜産農家に大きな恩恵をもたらすと予想される。
Ammonia including in the livestock waste is caused of the water pollution and bad smell. In this paper, separation method of ammonia from livestock waste and utilization of ammonia for energy sources will be exhibited. The photo fuel cell by using of ammonia with a catalyst of Pt loaded TiO2 will be expected.