群馬県地域結集型研究開発プログラム
Home
この事業について
お問い合わせ
サイトマップ


群馬県地域結集型研究開発プログラム
環境に調和した地域産業創出プロジェクト
成果
印刷物
活動記録
研究会活動
研究紹介


2015.6.9
新聞掲載を追加しました。

2014.6.16
書籍等新聞掲載TV・ラジオ放送 を追加しました。

2014.3.27
国内出願を追加しました。

2014.3.24
新聞掲載を追加しました。

2014.2.28
新聞掲載TV・ラジオ放送 を追加しました。

2014.01.30
ニュースレター
No.20(2014年1月)を追加しました。

2013.12.24
「群馬大学次世代エコ・エネルギーシステム研究会・群馬県地域結集事業 合同講演会開催」のご案内
⇒開催日時:平成26年1月9日(木)13:30〜
  会場:桐生市市民文化会館
  詳細はこちらをご確認ください。

2013.10.10
論文、口頭発表、新聞掲載、雑誌掲載、書籍、TV・ラジオ、イベントを追加しました。
2013.07.12
ニュースレター
No.19(2013年7月)を追加しました。

2013.06.20
新聞記事
6月20日掲載1件を追加しました。

2013.04.11
新聞記事TV・ラジオ放送 を追加しました。
4月11日掲載1件追加しました。

2013.03.13
新聞記事
3月11日掲載1件追加しました。

2013.02.21
新聞記事TV・ラジオ放送 追加しました。
2013.02.19
新聞記事TV・ラジオ放送 追加しました。
2013.02.14
雑誌記事を1件追加しました。
2013.02.13
TV・ラジオ放送に『岩手県山田湾で牡蠣養殖プロジェクトおよび山田町船越小でのサイエンスマジック』に関する放送を追加しました。
2013.02.04
新聞掲載
1月31日掲載1件追加しました。

2013.01.24
新聞掲載
1月22日掲載1件追加しました。

TV・ラジオ放送に『岩手県山田町でカキ養殖実験』に関する放送を追加しました。
2013.01.04
新聞掲載
1月1日掲載1件追加しました。

2012.12.18
 2012年12月13日(木)から15日(土)まで東京ビックサイトで開催された『第14回エコプロダクツ2012』に出展いたしました。

エコプロダクツ2012は、最先端の環境製品や技術・サービスなどのビジネスや、様々な環境活動を紹介し、「持続可能な社会の実現」に向けた情報発信の場を創出します。 今年のテーマは「The Greener, The Smarter ― えらぼう未来を」。 当プログラムは、畜産バイオマスを低温でガス化、エネルギーに転換する技術や鶏糞低温熱処理炉、尿汚水中からリンを回収する技術、脱臭技術などの研究成果を展示しました。

2012.12.17
「群馬大学次世代エコ・エネルギーシステム研究会・群馬大学客員セミナー・群馬県地域結集事業合同講演会開催」のご案内 (開催日時:平成25年1月23日(水)13:30〜、会場:桐生地域地場産業振興センター)
詳細はこちらをご確認ください。

2012.12.13
ニュースレター
No.17(2012年12月)を追加しました。

2012.11.12
 2012年11月7日(水)から8日(金)までビックパレット福島で開催された『ふくしま復興・再生可能エネルギー産業フェア2012』に出展いたしました。

 ふくしま復興・再生可能エネルギー産業フェアは、新たな産業の創出、関連産業の集積・育成に向け、関連産業でビジネスに取り組まれる企業・団体に技術・情報の収集、商談・交流の場を提供します。 当プログラムは、畜産バイオマスを低温でガス化、エネルギーに転換する技術や鶏糞低温熱処理炉、尿汚水中からリンを回収する技術、脱臭技術などの研究成果を展示しました。

 また、11月7日(水)には、当プログラムの参画企業である(有)ヂー・エヌ・エス・テクノセールスが『ファイバーボール脱臭装置』についてプレゼンを行いました。

ふくしま復興・再生可能エネルギー産業フェア2012

 2012年11月14日(水)から16日(金)まで東京都開催された『アグリビジネス創出フェア2012』に出展いたしました。

 アグリビジネス創出フェアは、全国の産学官の各機関が有する、農・林・水産・食品分野などの最新技術や研究成果を展示し、研究機関間や研究機関と事業者との新たな連携を促す場を提供します。 当プログラムは、畜産バイオマスを低温でガス化、エネルギーに転換する技術や鶏糞熱処理炉、尿汚水中からリンを回収する技術、脱臭技術などの研究成果を展示しました。

 11月15日(木)には、当プログラムの参画企業である石井商事(株)が『鉄と炭を使った地球水再生活性材』についてプレゼンを行いました。

 また当ブースがマッチングツアーの『資源の有効活用:飼料化、ガス化、ペレット化、肥料化など』のテーマに選ばれ家畜排せつ物の低温ガス化についてブース見学で回ってきた方々に説明を行いました。

アグリビジネス創出フェア2012 アグリビジネス創出フェア2012

2012.11.09
TV・ラジオ放送に『山田湾でのカキ養殖の復興』に関する放送を追加しました。
2012.11.05
新聞掲載
11月2日掲載1件追加しました。

2012.10.30
雑誌掲載
NO.29「化学経済 9月号」を追加しました。
NO.30「化学経済 10月号」を追加しました。

2012.10.29
2012年10月19日(木)から21日(日)まで夢メッセみやぎで開催された『エコプロダクツ東北2012』に出展いたしました。

エコプロダクツ東北2012は、これからの東北地区の「再生」と「復興」を考える上で欠かせない「環境」をビジネスとして捉えている方々だけでなく、より多くの方々に知ってもらい未来を考えてもらう場を提供する。
当プログラムは、畜産バイオマスを低温でガス化、エネルギーに転換する技術や鶏糞低温熱処理炉、尿汚水中からリンを回収する技術、脱臭技術などの研究成果を展示しました。

2012年10月24日(水)から26日(金)まで滋賀県立長浜ドームで開催された『びわ湖環境ビジネスメッセ2012』に出展いたしました。

びわ湖環境ビジネスメッセ2012は、15回目の開催。「環境と経済の両立」を基本概念に持続可能な経済社会を目材氏、環境産業の育成振興を図るため環境負荷を低減する製品・技術・サービス等を対象とした商談・取引と情報発信・交流の場を提供する。
また10月24日(水)には、当プログラムの参画企業である(株)キンセイ産業が『鶏糞低温熱処理炉』ついてのプレゼンを行いました。

びわ湖環境ビジネスメッセ2012

2012.10.25
新聞掲載
10月23日掲載1件追加しました。

2012.10.10
平成24年度超省エネルギー炭化・灰化装置実証試験事業(平成24年度地域イノベーション創出実証試験事業の活用) に係わる公募結果について
2012.09.21
新聞掲載
 9月21日掲載1件追加しました。
2012.09.10
TV・ラジオ放送に『小島先生 炭素繊維で水質浄化』に関する放送を追加しました。
2012.09.03
新聞掲載
 8月29日掲載1件を追加しました。
2012.08.21
新聞掲載
 8月16日・20日掲載2件追加しました。
2012.08.09
雑誌掲載
 NO.28「化学経済 8月号」を追加しました。
2012.08.07
新聞掲載
 7月31日・8月4日掲載『鉄と炭素繊維の新技術でカキ養殖復興支援』10件追加しました。
TV・ラジオ放送に『鉄と炭素繊維の新技術でカキ養殖復興支援』に関する放送を追加しました。
2012.08.06
平成24年度超省エネルギー炭化・灰化装置実証試験事業(平成24年度地域イノベーション創出実証試験事業の活用)に係わる公募について

ニュースレター
 No.16(2012年8月)を追加しました。
2012.07.19
イベント全体会議に1件追加しました。

2012.07.05
事業化会議に1件追加しました。

2012.6.25
外部講演会に5件追加しました。

2012.6.11
新聞掲載
 6月2日掲載『越冬のハクチョウ寝床きれいに』(上毛新聞社 シャトル)を追加しました。
2012.5.30
新聞掲載
 5月28日掲載『ガバ沼の水をきれに』(上毛新聞社)を追加しました。
2012.5.22-25
 2012年5月22日(火)から25日(金)まで東京ビッグサイトで開催された『2012NEW環境展・東京会場』に当プログラム参画企業『(株)キンセイ産業』が低温ガス化炉、鶏糞の利用にて出展しました。

 中でも、電気料金の値上がりに伴い、低温ガス化炉での発電技術、発電量はどれくらいか、導入したとして回収・利益はでるのか、など多くの方からご関心をいただきました。

2012NEW環境展 2012NEW環境展 
2012. 5.16
雑誌掲載
 NO.27「化学経済 5月号」を追加しました。
2012. 4.27
雑誌掲載
 NO.26国立高専だより(2012年3月)を追加しました。
2012. 3.30
ニュースレター
 No.15(2012年3月)を追加しました。
事業化会議に1件追加しました。
2012. 2.24
国内出願
 7件追加しました。(内特許登録2件)
2012. 2.15
新聞掲載
 2月14日掲載『シャボン玉に入ったよ 科学の世界児童が体験 大泉』(上毛新聞)を追加
2012. 2. 3
新聞掲載
 2月2日掲載『群馬大学次世代エコ・エネルギーシステム研究会と群馬県地域結集事業合同講演会が1月24日、桐生地域地場産業振興センターで行われた。』(ぐんま経済新聞)を追加
2012. 1.23
ニュースレター
 No.14(2012年1月)を追加しました。
2012. 1.17
新聞掲載
 1月14日掲載『館林・つつじが丘公園 池の透明度4倍に 炭素繊維と鉄で浄化』(上毛新聞)を追加しました。
 産学官連携ジャーナル1月号に『炭素繊維と鉄を用いた水質浄化・リン除去の事業化』が掲載されました。
2012. 1.13
新聞掲載
 1月13日掲載『家畜排せつ物で発電ビジネス 環境対策に期待 赤城南麓 総合特区指定』(上毛新聞)を追加しました。
2012. 1. 4
「群馬大学次世代エコ・エネルギーシステム研究会・群馬大学客員セミナー・群馬県地域結集事業合同講演会開催」のご案内

(開催日時:平成24年1月24日(火)13:30〜、会場:桐生地域地場産業振興センター)

詳細はこちらをご確認ください。
2011.11.11
第6回モノづくり連携大賞「中小企業部門賞」受賞

 産学官連携の優れた取り組みを表彰する「第6回モノづくり連携大賞」(日刊工業新聞社主催)で、ぐんま産学官連携による畜産環境改善技術の開発(群馬県地域結集型研究開発プログラム)が「中小企業部門賞」を受賞しました。
 群馬県の20近い機関が参加して農商工連携で、畜産環境の複数の課題を解決した「畜産県、群馬県ならではの連携プロジェクト」が評価されたものです。

 11月10日の表彰式(東京ビックサイト)では、代表研究者である群馬高専小島特命教授が壇上に登られました。

表彰式  記念撮影
2011.11. 9
製品カタログ
 鶏糞低温熱処理炉を追加しました。
2011.10.24
新聞掲載
 10月22日掲載『館林・つつじが岡公園、炭素と鉄で透明な池に 県科学技術振興室の委託を受け、群馬高専小島特命教授と石井商事が共同で実証実験』(上毛新聞)を追加
2011. 9.30
全体会議に1件追加しました。
2011. 9.20
新聞掲載
 9月16日掲載『農業と新エネルギー、ぐんまアグリイノベーション研究会で群馬高専小島昭特命教授講演』(上毛新聞)を追加
2011. 8.31
新聞掲載に4件追加しました。
2011. 8.19
ニュースレター
 No.13(2011年8月)を追加しました。
2011. 8.15
事業化会議に1件追加しました。
2011. 7.29
新聞掲載に3件追加しました。
2011. 7. 4
全体会議に1件追加しました。
2011. 6.30
書籍等に2件追加しました。
2011. 6.16
 以下の内容を追加しました。
 ・外部講演会 4件
2011. 6. 1
 フェーズIIIの開始に伴い、以下の内容を追加しました。
 ・フェーズIIIの概要
 ・事業化ロードマップ
 ・ぐんま環境・エネルギー推進会議 概念図
 ・ぐんま環境・エネルギー推進会議会則
2011. 2.27
新聞掲載
 2月27日掲載『家畜排せつ物の臭気対策を拡充 新年度から県』(上毛新聞)を追加
2010.12.27
 ・ニュースレター
  No.12(2011年2月)を追加しました。

 ・新聞掲載
  2月4日掲載『科技振興の地域結集型研究事業 群馬など最終成果発表 JST』(日刊工業新聞)を追加しました。

 ・成果報告会
  2月2日開催『平成22年度地域結集型総合会議』を追加しました。
2010.12.27
  以下の内容を追加しました。
 ・国内論文 3件(No.46、No.47、No.48)
 ・国外論文 3件(No.46、No.47、No.48)
 ・学会発表 1件(No.200)
2010.12.20
  動画で見る研究紹介に『畜産尿汚水の高度処理』を追加しました。
2010.12.17
  平成23年1月よりスタートするフェーズIIIに伴い、『この事業について』を更新しました。
2010.12.16
 昨日お伝えしましたが、本日もFMぐんまあさnavi』にて、当プログラムの研究開発技術が紹介されました。

 本日は、家畜排せつ物からガスエネルギーを取り出す技術、そのガスを使った発電の仕組みや、これまで行ってきた実証試験のさまざまな結果、そして今後の展望に関して群馬大学工学部 宝田教授へのインタビューが放送されました。

 また番組内にて、このホームページのご紹介もいただきました。
 ラジオをお聞きいただき、畜産環境改善技術に興味を持っていただけた方がいらっしゃいましたらまずは動画で見る研究紹介簡単パンフレット『成果編』を是非ご覧ください。
2010.12.15
 FMぐんまあさnavi』の中で地域結集事業成果の紹介がありました。

 本日(12/15 8:10〜)は、『ファイバーボール脱臭装置』が紹介され、脱臭の仕組みや、今後の普及への取り組み等に関して代表研究者 小島特命教授へのインタビューが放送されました。

 明日(12/16)は、『家畜のふんからエネルギーを取り出す技術』が紹介されます。
 宝田教授へのインタビューとなっております。
 是非ともお聞きください。
2010.12.13
 12/9〜12/11に東京ビッグサイトで行われたエコプロダクツ2010に出展いたしました。

 エコプロダクツ2010は、温暖化防止だけではなく、生物多様性保全や資源の枯渇などを重要な課題として取り上げ、エコプロダクツ、環境技術などを展示・紹介する展示会です。
 当プログラムでは、畜産バイオマスを低温ガス化でエネルギーに転換する技術や、尿汚水中からリンを回収する技術などの研究成果を展示しました。

 また12/10には、『家畜尿汚水の急速脱色・脱リン高度浄化処理』のプレゼンテーションを行いました。
 家畜尿汚水の高度処理技術としてだけではなく、枯渇の問題がある貴重な資源「リン」を回収できることもあり、多くの方々にご関心いただきました。

エコプロダクツ2010
2010.12.10
 平成23年2月2日(水)日本科学技術未来館 みらいCANホールにて行われる『平成22年度地域結集型総合会議』にて発表を行います。

 私たちが取り組んできました事業の集大成として、事業の目的、現在までの研究成果、そして来年からスタートする『フェーズIII』で行う取り組みについて、企業化統括、代表研究者、自治体、共同研究企業からの発表といった、これまでの、そしてこれからの当プログラムを知っていただける会議となっております。
 ぜひともお越しいただけますようよろしくお願いいたします。

 平成22年度地域結集型総合会議の詳細等に関しましては、公式ホームページをご確認ください。

結集 合同報告会
2010.12. 6
雑誌掲載に以下の内容を追加しました。
 月刊養豚界 12月号
 月刊養豚情報 12月号
2010.11.29
 11月24日〜26日の三日間、幕張メッセで行われた『アグリビジネス創出フェア2010』に出展いたしました。

 産学官各機関の有する最新で高い技術のシーズと来場者のニーズにより交流を広げる目的で開催され、当プログラムも環境問題に取り組むや畜産農家の方をはじめとして、多くの方々からご質問やご意見などいただくことができました。

 また、併設開催されました農業ビジネスイベント『アグロイノベーション2010』からも多くの皆様に足をお運びいただきました。
 技術移転に関するご要望などのお話もいただき、今後の事業展開に反映いたします。

 26日に行いましたプレゼンテーション、『鶏糞低温熱処理炉の開発』にも多数の方にご出席いただき、関心の高さを実感しました。

アグリビジネス創出フェア2010
2010.11.22
 11月18日、19日両日、東京ビッグサイトで行われた『バイオマスエキスポ2010』に出展いたしました。

 展示会はバイオマス技術による循環型社会構築のための技術や政策などに関するイベントで、当プログラムも畜産排せつ物のバイオマスガス化を主とした研究成果展示を行いました。

 2日間にわたり、、100名を超える方々にお立ち寄りいただき、単に研究内容や開発技術へのご質問には留まらず、製品化の際の性能や価格、規模、販売形式といった、より具体的な内容に関して多くのご関心をいただきました。

バイオマスエキスポ2010
2010.11.17
以下の内容を追加しました。
国内論文
 No.42『循環式USB‐亜硝酸型硝化プロセスによる含窒素高濃度有機性排水の処理特性』

学会発表
 No.185『循環式USB‐亜硝酸型硝化プロセスによる含窒素高濃度有機性排水の処理特性』(第47回環境工学研究フォーラム)
2010.11.12
事業概要(印刷物)
 群馬県地域結集の研究成果を一冊の漫画にした「簡単パンフレット『成果編』」を追加しました。
2010.11.11
新聞掲載
 11月11日掲載『地域結集最終報告 5年間で特許出願56件 一定の成果も「これからが本番」』(ぐんま経済新聞)を追加
2010.10.28
以下の内容を追加しました。
動画で見る研究紹介
 すーぱーぴーとる物語『誕生編』

新聞掲載
 11月6日掲載『家畜排せつ物など活用 群馬県が研究開発の成果報告 低温ガス生成し発電』(日本農業新聞)

TV・ラジオ放送
 11月5日放送『ニュースジャスト930』(群馬テレビ)
2010.11. 8
 11月5日に、前橋商工会議所を会場として最終成果報告会を開催しました。
 当日は、200名の方々にご参加いただきました。

 当プログラムの5年間の研究開発成果、さらに、この成果を事業化・商品化につなげる来年からの「フェーズIII」について報告しました。

 これまで、現場で望まれている技術開発を常に意識して研究開発を行ってきました。
 これを、プレゼンテーションだけではなく、研究者が成果を詳しく説明するポスターセッションも行い、皆さまに広くご理解いただくとともに、多くのご質問やご意見を伺うことができました。
 このような皆さまからの貴重なご意見を活かし、フェーズIIIでは畜産環境整備や低炭素社会実現を目指すばかりではなく、社会へ普及可能なシステム構築も行っていきます。

 今後は一日も早い普及を目指し、さまざまな取り組みを行ってまいりますが、研究成果の発展や商品化などのフェーズIIIに関した事柄をこのホームページを通してお知らせいたしますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

最終成果報告会
以下のコンテンツを更新しました。
企業化促進会議
 11月5日『平成22年度第3回企業化促進会議』を追加
2010.11. 4
 11月24日(水)〜26日(金)に幕張メッセで開催される『アグリビジネス創出フェア2010』に出展いたします。
 畜産環境の改善技術、家畜排せつ物のバイオマス利用、有用資源の回収、尿汚水の高度処理、脱臭技術のご紹介を行います。
 当プログラムの出展ブースは『環04』になります。

 また、26日(金)の10:15からセミナールーム2において、『鶏糞低温熱処理炉の開発』に関するプレゼンテーション(15分)を行います。
 養鶏農家で改善が望まれている鶏ふんの処理を、既存装置と比較して少ない燃料で処理を行い、得られる炭や灰を肥料等に有効利用し、養鶏農家発の循環型社会を構築する処理炉をご紹介する内容となっております。

 アグリビジネス創出フェア2010にご来場の際は、当プログラムの出展ブース、プレゼンテーション会場にお立ち寄りいただきますようお願いいたします。

 アグリビジネス創出フェア2010の詳細等に関しましては、下記公式ホームページをご覧ください。

アグリビジネス創出フェア2010
2010.11. 2
 11月18日(木)・19日(金)両日に東京ビッグサイトで開催される『バイオマスエキスポ2010』に出展いたします。

 家畜排せつ物のバイオマスエネルギー化に伴う低温ガス化炉や触媒技術、バイオガスからの発電を中心として、有用資源の回収、尿汚水の高度処理、脱臭装置など、畜産環境の改善、そして低炭素社会実現を目指した取り組みをご紹介いたします。

 バイオマスエキスポ2010にご参加の折には、是非当プログラム出展ブースにも足をお運びいただけますようよろしくお願いいたします。
当プログラムの出展ブースは『51』になります。

 バイオマスエキスポ2010の詳細等に関しましては、下記公式ホームページをご覧ください。

バイオマスエキスポ2010
2010.11. 1
動画で見る研究紹介
 ・バイオガスからの発電
ニュースレター
 No.11(2010年11月)を追加しました。
2010.10.28
動画で見る研究紹介に2点追加しました。
 ・マグネシウムによる触媒の長寿命化
 ・ナノシェルカーボンを用いたニッケル触媒
新聞掲載
 10月28日掲載『地域結集、最終成果報告会 11月5日、前橋商工会議所で』(ぐんま経済新聞)を追加
2010.10.25
以下の内容を更新しました。
国内論文
 No.40、No.41の追加
学会発表
 No.183、No.184の追加
2010.10.21
テーマ別会議
 10/20 平成22年度第2回テーマ2ワーキンググループ会議を追加しました。
2010.10.18
 10月13日(水)から15日(金)に東京ビッグサイトで開催された『パテントソリューションフェア2010』に当プログラムを出展いたしました。

 当プログラムでこれまで行ってきました研究・開発の過程で生まれた特許技術をメインにした各研究の展示を行い、さまざまなご意見をいただきました。
 中でも、「特許技術を活かした事業化・商品化」という視点からのご意見やご質問などは、私たちが取り組んでおりますテーマに関連が深いものでした。

 また、14日(木)に行いました『家畜尿汚水の急速脱色・脱リン高度浄化処理』のプレゼンテーションへは、多くの方にご来場いただき、当プログラムの研究成果を広く知っていただくことができました。

パテントソリューションフェア2010
2010.10. 4
全体会議
 10/2 平成22年度第3回研究者全体会議を追加しました。
2010.10. 1
学会発表
 No.172 『木質バイオマス/畜産廃棄物混合物の低温接触ガス化』を追加しました。
2010. 9.29
 12月9日(木)から11日(土)に東京ビッグサイトで開催される『エコプロダクツ2010』に当プログラムが出展いたします。

 当プログラムで開発した畜産現場の家畜排せつ物や臭気などの課題を解決するさまざまな技術を紹介します。
 温室効果ガス削減に繋がり、石油燃料に代わる新エネルギーとして注目されているバイオマスエネルギーを家畜排せつ物から取り出す技術をはじめ、有用資源の回収、尿汚水高度浄化や、脱臭装置などの研究成果について展示を行います。

 当プログラムの出展ブースは6-072になります。
 会場にお越しの際は、当プログラムで研究・開発された低炭素社会構築や環境対策に関する技術をご覧いただきたいと思います。

 また10日(金)の15:35〜15:50、エコプレゼンテーションステージにて『家畜尿汚水の急速脱色・脱リン高度浄化処理』のプレゼンテーションを行います。
 こちらにも是非とも足をお運びいただけますようお願いいたします。

 エコプロダクツ2010の詳細等に関しましては、公式ホームページをご確認ください。

日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2010
製品カタログ
 すーぱーぴーとるのカタログを3点(日本語英語中国語)追加しました。
2010. 9.28
 11月5日(金)『群馬県地域結集型研究開発プログラム 環境に調和した地域産業創出プロジェクト 最終成果報告会』を前橋商工会議所において開催いたします。

 第一部(13:00〜17:00)は、研究成果を口頭やポスターセッションを通して、皆様に知っていただきます。
 第二部(17:15〜19:00)は、担当研究者と直接細かな話しをしていただく意見交換会です。

 第一部は無料ですが、第二部はおひとり様5,000円の参加費が必要です。
 お申し込みの締め切りは10月29日(金)です。
 なお、定員が200名様となっているため、定員に達した場合は募集終了となります。

 より多くの皆様に当プログラムの研究成果を知っていただき、その成果を活用していただけますよう、ご来場をお待ちしております。

 当日の詳しいプログラムや、お申し込み用紙は下記PDFをご印刷の上、ご利用ください。

最終成果報告会開催に関して(PDFファイル)
2010. 9.27
  東京吉祥寺ライオンズクラブの『井の頭特別事業』として、井の頭公園の池のアオコの発生を抑えるために、当プログラムで研究・開発された『すーぱーぴーとる』が設置されました。

 作業は9月18日に行われ、池に6基のイカダを浮かべ、そのイカダにすーぱーぴーとる計62枚が取り付けられました。

 当プログラムでは実用的な新技術の開発を行ってきましたが、このように実際の現場への設置・活用などの情報は今後も随時お伝えしていきます。

井の頭公園池への設置風景
2010. 9.22
 10月13日(水)から15日(金)に東京ビッグサイトで開催される『パテントソリューションフェア2010』に当プログラムが出展いたします。

 当プログラムで生まれたさまざまな特許技術をメインにした各研究の展示だけではなく、14日(木)の10:45からは特許技術プレゼンテーションステージにて『家畜尿汚水の急速脱色・脱リン高度浄化処理』と題し、炭素材を用いたリン除去装置の研究成果に関するプレゼンテーションを行います。

 当プログラムの出展ブースはPS-061になります。
 会場にお越しの際は、プレゼンテーションとあわせて、お立ち寄りいただき、当プログラムの研究成果をご覧いただければと思います。  パテントソリューションフェア2010の詳細等に関しましては、公式ホームページをご確認ください。

パテントソリューションフェア2010
以下の内容を更新しました。
 ・動画で見る研究紹介
  『鶏ふんの低温熱処理炉』を公開。

 ・学会発表
  No.181、No.182を追加。
2010. 9.21
ニュースレター
 『ニュースレターNo.10』を追加しました。
2010. 9.14
動画で見る研究紹介
 『低温ガス化炉』を公開しました。
2010. 9.13
 9月10日、『平成22年度 第2回企業化促進会議』が行われました。

 本プログラムの研究成果をより具体的な形、企業化・事業化へ向けて、各分野の有識者で構成された企業化促進委員会を招き、意見交換などが行われました。

 また、今回は『連続流動床ガス化装置』の設置現場へ赴き、稼働している実証試験機を前に、さまざまな報告や指摘なども行われました。

平成22年度 第2回企業化促進会議
2010. 9. 6
イベントを更新しました。
 9月3日開催『群馬大学工学部企業懇談会』を追加
2010. 9. 3
下記コンテンツを更新しました。
学会発表:8件追加
雑誌掲載:1件追加

2010. 9. 2
下記コンテンツを更新しました。
学会発表:1件追加
国際会議:1件追加

2010. 8.30
 8月27・28日、前橋市音羽倶楽部にて『平成22年度第2回研究者全体会議』を行いました。

 11月5日に行う最終成果報告会を目前に控え、最後の研究者全体会議ということから、各研究者の発表は研究のまとめと、企業化・事業化への展開を視野に入れた発表となりました。
 これまでの研究者全体会議以上に熱が入り、多角的な視点から活発な議論が行われました。

 研究者をはじめ、関係者一丸となり、最終成果報告会へ向けて取り組みを進めてまいります。

 最終成果報告会の詳細などは決まり次第、当ホームページにて随時お知らせいたしますので、是非とも11月5日は私たちの5年間の成果をご覧いただければと思います。

平成22年度 第2回研究者全体会議
2010. 8.20
動画で見る研究紹介
 『CODの低減と脱色技術の開発』を公開しました。
2010. 8.14
 9月3日に群馬大学工学部(桐生キャンパス)で開催される『群馬大学工学部企業懇談会』に、参加いたします。

 群馬大学工学部企業懇談会は産学の連携を深めることを目的とした懇談会で、地域結集型研究開発プログラムの各研究成果に関する展示を行います。

 当プログラムの出展会場は総合研究棟3階304教室になりますので、ご来場の際には是非とも足をお運びいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 群馬大学工学部企業懇談会の詳細、お問い合わせ、参加のお申し込みに関しては、下記ホームページにてお願い致します。

群馬大学工学部ホームページ
第24回(平成22年度)群馬大学工学部企業懇談会開催のご案内
2010. 8. 4
下記内容を更新しました。

学会発表
 No.170、No.171、No.172、No.173を追加
雑誌掲載
 No.22を追加
 7月30日に開催された『第9回畜産環境学会』にて、本日追加しました学会発表 No.172『軽石を充填材とした微生物脱臭装置の開発』が『日本畜産環境学会奨励賞』を受賞しました。
2010. 8. 2
製品カタログ
 下記カタログを改定しました。
Ni坦持褐炭触媒の製造方法
内部循環型流動床低温ガス化装置
繭を用いた高性能活性炭
電解結晶化プロセスの開発
2010. 7.27
 特願2008-153410『水質浄化材』が特許査定になりました。
 ・出願番号:特願2008-153410
 ・発明の名称:水質浄化材
 ・出願日:平成20年6月11日
 ・発明者:小島 昭、藤重 昌生、石井 敏明、永井 邦彦
 ・出願人:独立行政法人 国立高等専門学校協会、石井商事株式会社

関連ページ
研究紹介
 炭素材を用いたリン回収と回収装置の運転

動画で見る研究紹介
 炭素材を用いたリン回収と回収装置の運転
2010. 7.23
テーマ別会議
 7/22 平成22年度第3回テーマ1ワーキンググループ会議を追加しました。
2010. 7.21
 展示会出展・説明会開催スケジュールを更新しました。
 出展内容や出展ブースなど詳細は決まり次第お知らせいたします。
2010. 7. 9
国内論文
 No.36 『柞蚕繭を用いた高性能繭炭活性炭の調整』を追加しました。
2010. 7. 6
 特願2009-018798『し尿排水中のリンの除去方法および除去装置』が特許査定になりました。

関連ページ
研究紹介
 炭素材を用いたリン回収と回収装置の運転

動画で見る研究紹介
 炭素材を用いたリン回収と回収装置の運転
2010. 7. 5
  6月30日〜7月2日にパシフィコ横浜で行われた『第5回新エネルギー世界展示会』に当プログラムを出展いたしました。

 来場者数は3日間で4万人を超え、当プログラム出展ブースにも多くの方にお立ちよりいただきました。
 今回の展示会では中でも、民間企業の方からのご質問が多く、市場での需要という視点から現場で望まれる技術・商品を感じることができました。

 また7月2日に特設会場にて『家畜排せつ物の低温ガス化技術』のプレゼンテーションを行いました。
 こちらにも多くの方々にお立ちよりいただき、当プログラムでの研究内容を知っていただける、充実したプレゼンテーションとなりました。

 今後も展示会への積極的な出展はもちろんのこと、当プログラム主催の説明会なども開催していきます。
 出展や開催は決まり次第ホームページにてお知らせいたします。

第5回新エネルギー世界展示会
2010. 6.25
下記コンテンツを更新しました。
国際会議 No.44 No.45を追加
学会発表 抄録5件追加
国内論文 抄録3件追加
2010. 7. 1
新聞掲載
 7月1日ぐんま経済新聞に『出願特許にビジネスチャンスを! 5カ年計画最終年の地域結集事業』が掲載されました。
2010. 6.25
下記コンテンツを更新しました。
国外論文 No.34 No.35を追加
国内論文 抄録2件追加
学会発表 抄録1件追加
2010. 6.24
 6月23日、群馬産業技術センターにて『平成22年度 群馬県地域結集型研究開発プログラム特許説明会』が行われました。

(1) コンポスターや畜舎からの臭いを取る技術(特願2009-206176)

(2) すばやい発酵、臭いも少ない鶏糞肥料を得る技術(特願2007-202708)

(3) タールの出にくい有機物分解反応触媒を得る技術(特願2009-95171)

 上記3つが研究者本人による技術説明、現在までの当プログラムによる研究の特許出願状況や、今後の展望などの説明が行われました。

 また、参加者との質疑応答、発表者との個別面談なども行われました。

平成22年度第1回企業化促進会議
2010. 6.23
 6月22日に前橋商工会議所にて群馬県地域結集型研究開発プログラム平成22年度第1回企業化促進会議が行われました。

 事業の進捗状況、技術移転や企業化に向けた取り組みなどの報告、またそれに対して各分野の有識者で構成された企業化促進委員会によるさまざまな角度からの意見・提案などがありました。

 より具体的な成果、またそれを多くの人に知っていただき、使っていただくよう、積極的な情報提供に努めます。

平成22年度第1回企業化促進会議
2010. 6.15
テーマ別会議
 6/14 平成22年度第1回テーマ2ワーキンググループ会議を追加しました

製品カタログ
 軽石を用いた脱臭装置を追加しました
2010. 6.10
 先日6月6日に『MAKE THE FUTURE 2010 地球を救う!?とんでもない人グランプリ』にてすーぱーぴーとるを使った池の浄化実験が放送されました。

 多くの方にご覧いただいたようで県内外よりご意見やご質問などいただいております。
 すーぱーぴーとるに関しますお問い合わせは石井商事株式会社までお願いいたします。

 下の写真は設置10日後の池の様子です。

平塚八幡宮 設置10日後
・以下のコンテンツを更新しました
 国内論文(抄録2件追加)
 学会発表(7件・抄録2件追加)
 国際会議(抄録2件追加)
 書籍等(抄録1件追加)
 テーマ別会議(6/9平成22年度第2回テーマ1ワーキンググループ会議)
2010. 6. 8
印刷物に4件追加しました
 ニュースレター No.8 No.9
 尿汚水高度処理 ファイバーボールを活用した脱臭装置
 
国内論文にNo.37を追加しました

・以下のコンテンツ内抄録を追加しました
 国内論文3件 国外論文3件 学会発表24件
 国際会議8件 雑誌掲載17件 書籍等1件
  2010年6月7日に前橋商工会議所にて開催された『第6回群馬産学官連携推進会議』に当プログラムを出展いたしました。

 群馬県内の産学官関係者をはじめ、多くの方にお立ち寄りいただき、研究成果のご説明だけでなく、ご質問やご意見をいただきました。

第6回群馬産学官連携推進会議
2010. 6. 7
 2010年6月8日〜11日に東京ビッグサイトで開催される『FOOMA JAPAN 2010』に当プログラム参画企業『(株)キンセイ産業』が出展いたします。

 食品のリサイクルとして当プログラムにて研究開発されている低温ガス化技術がパネル展示されます。
 FOOMA JAPAN 2010にご来場の際には、是非ともキンセイ産業の展示ブースにも足をお運びいただけますようよろしくお願いいたします。

 出展ブースは『東6ホール 6j-01』になります。
 2010年6月5日、国立京都国際会館にて開催された『科学・技術フェスタ in 京都 -平成22年度 産学官連携推進会議-』に当プログラムを出展いたしました。

 当プログラムの研究成果を広く知っていただけるよう、これまでのパンフレットやリーフレットの配布だけでなく、触れる研究成果物をはじめ、ホームページで公開している動画、模型などを展示し、研究成果のご説明をさせていただきました。

 多くの方に足をお運びいただきました。

 研究者や畜産現場をはじめとした様々な現場で働く方にもお立ち寄りいただき、技術的な質問だけではなく、現場の課題や設置の運用に関する質問やご意見もいただきました。
 私たちプログラム参画者一同としましても、学ぶことの多いものでした。

科学・技術フェスタ in 京都 -平成22年度 産学官連携推進会議-
2010. 6. 3
 6月30日〜7月2日にパシフィコ横浜で開催される『RENEWABLE ENERGY 2010 INTERNATIONAL EXHIBITION 第5回新エネルギー世界展示会』に当プログラムが出展いたします。

 畜産現場における余剰家畜排せつ物の問題を解決するため、再生可能エネルギーとして注目されているバイオマス資源のエネルギー転化技術として研究開発を進めております低温ガス化技術の取組状況や得られた成果を中心にパネルを使って紹介する予定です。

 当プログラムの出展ブース番号はRE-05になります。
 ご来場の際には是非とも当プログラム出展ブースにもお立ち寄りください。

 また展示ホール内特設会場で行われる研究成果プレゼンテーションにて 『家畜排せつ物の低温ガス化技術』をテーマとした発表を行います。
 発表は7/2(金)11:50〜12:10になります。
 こちらへも足をお運びください。
動画で見る研究紹介
 『ファイバーボールを活用した脱臭装置』を公開しました。
2010. 6. 1
 2010年5月25日から28日まで東京ビッグサイトで開催された2010NEW環境展・東京会場に当プログラム参画企業『(株)キンセイ産業』が出展し、低温ガス化、鶏糞の利用への参画をパネル展示しました。

 他県からも知り合いの農家から興味があるので教えてほしいや、世間で大きな話題となっているが、うまくいったという声が聞こえてこないなど様々な声がありました。

2010NEW環境展・東京会場
2010. 5.28
 6月23日に群馬産業技術センター第1研修室にて『平成22年度 群馬県地域結集型研究開発プログラム 特許説明会』が行われます。

 当プログラムではこのHPでもお伝えしておりますが、バイオ、環境、新エネルギー等に関する数多くの技術を発明し、特許出願しております。
 これらの特許技術に関する説明会を開催いたします。
 当プログラムの研究にご興味がありましたら是非ご参加ください。

 ご参加には事前の申込が必要になります。
 下記PDFファイルにあります参加申込書に必要事項をご記入の上6/18(金)までにFAXにてご送信ください。

 平成22年度 特許説明会参加申込書
国内出願
 5月27日に公開された『鶏糞を原料とした活性炭の製造方法』を追加しました。
2010. 5.27
動画で見る研究紹介
 『低温ガス化触媒の実用化』を公開しました。

2010. 5.21
 5月25日〜28日に東京ビッグサイトで開催される『2010NEW環境展・東京会場』に当プログラム参画企業『(株)キンセイ産業』が出展致します。

 バイオマスの燃料化をメインテーマとして、当研究の『低温ガス化技術の応用』より、家畜排せつ物を用いたリサイクル&エネルギー化もパネル展示されます。

 2010NEW環境展・東京会場にご参加の際には是非ともキンセイ産業出展ブースもご覧ください。

 当日展示予定のパネル
2010. 5.18
研究紹介を追加しました。
2010. 5.11
 6月5日に国立京都国際会館で開催される『科学・技術フェスタ in 京都 -平成22年度 産学官連携推進会議-』に出展致します。

 皆様に当プログラムの研究成果を知っていただけるブース内容をご用意してお待ちしておりますので、科学・技術フェスタ in 京都にご参加の際には是非とも当ブースにも足をお運びいただけますよう、よろしくお願い致します。

※『科学・技術フェスタ in 京都 -平成22年度 産学官連携推進会議-』へのご参加は事前にオンライン登録が必要になりますのでこちらのHP内『参加登録』よりお申し込みください。

2010. 5.10
以下の抄録を追加しました。
国内論文 6件
国外論文 7件
学会発表 13件
国際会議 9件

2010. 4.28
以下のコンテンツに抄録を追加しました。
国内論文
国外論文
学会発表
国際会議

 抄録は論文名、もしくはタイトルをクリックすると表示されます。
 抄録のない項目も順次追加していきます。
2010. 4.23
新聞掲載
 4月20日化学工学日報に『畜産排水浄化し回収成分で肥料 群馬県産業支援機構など グラフト反応使い新吸着剤』が掲載されました。
2010. 4.14
平成22年度より新しく3名が群馬県地域結集型研究開発プログラムに加わりました。
・Hanny J Berchmans(雇用研究員)
・後閑 弥(雇用技術員)
・荻原 俊雄(事務局スタッフ)
2010. 4. 9
動画で見る研究紹介
 『軽石を用いた脱臭装置』を公開しました。

新聞掲載
 4月9日日刊工業新聞に『地球を守るパートII 地産地消-新社会モデルづくり』が掲載されました。
2010. 4. 7
国内出願
 3月23日に出願した『換気扇を利用した脱臭装置』を追加しました。
2010. 4. 6
新聞掲載
 4月6日上毛新聞に『家畜尿の悪臭除去 鉄と炭使い10分程度で 実用化に期待 群馬高専教授開発』が掲載されました。
2010. 4. 5
  4月3日、群馬県地域事業結集型研究開発プログラム 平成22年度第1回研究者会議が行われました。

 昨年度までの成果、また今年度(最終年度)の基本方針を研究者で共有し、事業目標に向けて研究者の意識の統一を図りました。

 残り7ヶ月という期間でこれを具体化するために、群馬県地域事業結集型研究開発プログラム全関係者一丸となって、取り組んで参ります。

平成22年度第1回研究者会議
2010. 4. 2
成果のカテゴリーに『書籍等』のコンテンツを追加しました。
 当プログラムの研究に関する出版物を紹介しています。
・以下のコンテンツを更新しました。
 国内論文
 イベント
 外部講演会
2010. 4. 1
新聞掲載
 3月23日炭素材を用いたリン回収による『家畜尿の悪臭10分で除去』に関する記事が28の新聞に掲載されました。
2010. 3.29
 群馬県知事のコラムにて当プログラムが紹介されました。
2010. 3.29
 3月26日、群馬県地域事業結集型研究開発プログラム第三回企業化促進会議が行われました。
 平成22年度実行計画が承認されました。

 平成22年度は本プログラムの最終年度にあたります。
 『目に見える成果』を基本方針として、事業化や企業化はもちろんのこと、手に取ってわかりやすい商品カタログの作成を行っていきます。

 また、展示会への出展、当プログラムが主催する説明会の開催などにより広く皆様に成果を知っていただく催しを開催いたします。

第三回企業化促進会議
2010. 3.19
 3月18日に群馬県農協ビルにおいて群馬県事業の『家畜排せつ臭気対策モデル事業報告会』が行われました。

 このモデル事業では、群馬県地域結集型研究開発プログラムで研究開発された『ファイバーボール脱臭装置』と『軽石脱臭装置』が畜産農家11軒に設置されており、関連する行政・研究者・畜産農家の3つの視点からの報告が行われました。

家畜排せつ臭気対策モデル事業報告会
2010. 3. 8
以下のコンテンツの内容を追加しました。
雑誌掲載
 養豚の友掲載『軽石を充填した低コスト脱臭装置』
イベント
 H22.2.10開催『平成21年度群馬県農林業関係機関成果発表会』
2010. 3. 3
2010年3月18日に家畜排せつ物臭気対策モデル事業報告会が行われます。
詳細は次の電話番号までお問い合わせください。
027-226-2321(群馬県企画課 科学技術振興室)
2010. 3. 3
ホームページをリニューアルしました